博多イカ<ヤリイカ・ケンサキイカの活き造り>

博多イカ、博多 イカ、いか

イカ活き造り発祥地は博多です

黒澤明監督が伊万里で長期ロケの合間に呼子のイカ活き造りの店が気にいって
何度も通ったので「イカ活き造り=呼子」ということになりましたが・・・
監督が通った店は博多中洲のイカ活き造りの老舗の呼子支店です
つまり、イカ活き造りの本場は博多なのです。

一人前1500円〜2000円。お店によって一人前のグラム数が異なりますので
お値段だけで高い安いの判断はできません。それでも、博多に来たら是非
イカの活き造り。こっちでは透き通ったイカが当たり前、まともなイカ料理です。

博多のイカ食べたらもうほかのイカは食べられん

博多でイカの活き造り食べた?
え?ま〜だたべたことないと?
そいじゃ人生半分しかわからんよ


どろどろした白いイカのどこがおいしいと?
イカはこりこり、透明で甘みのあるもんばい

博多のイカ食べたらもうほかのイカは食べられん!
いっぺん博多の店でイカば食べてみなっせ!

これが今生簀から揚げたイカ
玄界灘のヤリイカ(剣先イカ)よ、
博多じゃスルメイカやら刺身にはせん!
ま〜だ活きてるイカですばい、ほら見て
足の動くっちゃけ〜ん!

 

私も経験がありますが、イカ活き造りを注文したのに白く不透明になったイカの姿作りを出す
店があります。これは調理前にすでに死んだイカ。いわゆるイカ刺し用のイカです。
活き造りはご覧のように半透明。さばく直前まで生きていた活きイカを調理します。
白くなったイカを出されたら突き返して「活きたイカの活き造り」 を請求してください。

イカの身(胴体) 部分以外のミミ(ひれの部分)とゲソ(足)は あとで天ぷらか塩焼きに
してくれます。どちらにしますか?と聞く店と、おまかせで天ぷらにする店とがあります。


博多イカ、ヤリイカの活き造り。こっちでは透き通ったイカが当たり前、まともなイカ料理です。 博多イカ、ヤリイカの活き造り。こっちでは透き通ったイカが当たり前のイカ料理です。

博多はイカ活き造り発祥の地。
いかの活き造りは博多の名物料理です。ふぐの季節が一段落した4月5月から、県外からご来店のお客様のほぼ100%がオーダーなさいます。

いか刺しといえば函館のイカソウメンが有名ですがあのイカはスルメイカ。
九州・博多ではスルメイカを料理店で刺身にして出すことはありません。

いかの刺身、活き造りといえば「ヤリイカ」「剣先イカ」 です。
浜値でも末端でも スルメイカの7・8倍ほどの高値のヤリイカ。

お値段が高いわけはイカの味にあります。

皿の絵柄が透けて見える程透明で、キリっとした食感はスルメいかやモンゴウいかにないものです。博多にお越しになりましたら、いか活き造りをお楽しみください。

いかは生け簀の中では白く透明です。ストレスを感じたり興奮すると赤茶色になります。
ドロンとした食感はありません。
いかにも九州のいからしくキリッとしておいしい歯ごたえを楽しんでいただけます。

ヤリイカ活き造りとふぐのコースヤリイカ活き造りと馬刺しのコース ヤリイカ活き造り単品

中洲の夜景と共には方のイカ、ご賞味ください。

全店共通のオコトワリですが
天然イカのため、悪天候によりイカが入荷しない場合があります。
いかがご希望でしたらお出かけ前にお店にご確認ください。